Gonna to learn the correct knowledge.

女性器のしくみと役割を知ろう

性器のしくみ
裸体の女性

複雑な構造をしている女性器。この部位は、外性器と内性器とで成り立っています。

性行為をしたり、赤ちゃんを作り育てるという大切な器官です。

外性器のしくみと役割

外性器は、セックス時に男性器を受け入れたり、月経血やおりものが出るための膣口があるなど、外部と接触する部分です。感染予防を防ぐためにも常に清潔を心掛けましょう。

恥丘
(ちきゅう)
恥骨結合(左右の恥骨が軟骨で結合している部分)の上部。思春期から皮下脂肪がつき膨らんでくるのと同時に、陰毛が生えはじめる。
陰核
(いんかく)
通称クリトリス。男性器でいえばペニスにあたる。性的感度もよく、刺激を与えれば硬くなる。
大陰唇
(だいいんしん)
恥丘の下部分から会陰にかけて左右対象にあるふっくら厚みのある皮膚。尿道口・膣などを保護する。
小陰唇
(しょういんしん)
クリトリスから会陰近くまで左右対象にある薄いヒダ。
外尿導口
(がいにょうどうこう)
クリトリスと膣の間にある、尿が放出される部分。
膣前庭
(ちつぜんてい)
小陰唇に囲まれた部分。前方に外尿道口、後方に膣口がある。
膣口
(ちつこう)
外尿道口の後方にある膣の入り口。陰茎(ペニス)を挿入する部分であり、月経血やおりものが出る。
大前庭腺
(だいぜんていせん)
=バルトリン腺。膣の左右にある分泌腺。性的興奮をすると、乳白色の分泌液が出る。
会陰
(えいん)
大陰唇と肛門の間。出産時は胎児が出やすいように伸び広がる。

内性器のしくみと役割

卵子を作り出す卵巣、胎児を育てる子宮などの大きな役割をする器官です。加齢とともに子宮をはじめとして病気にかかる可能性もある器官ですので、定期的に検査を受けましょう。

膣(ちつ)外性器から子宮口までを繋ぐ器官。セックス時にペニスを受け入れたり、月経血やおりもの、また出産時における胎児の通り道になる。
子宮(しきゅう)上2/3の子宮体部と下1/3の子宮頚部とで成り立つ。受精卵が着床したり、胎児を出産時まで育てる器官。
卵巣(らんそう)子宮の両側に位置する臓器。胎児の元となる卵胞が詰まっている。ここで毎月数個の卵胞が発育して、その中から1つが成熟して排卵すする。
卵管(らんかん)子宮から左右に伸びる管で、卵子・精子・受精卵の通り道となる。間質部・峡部・膨大部に分かれており、子宮と反対側にある先は、イソギンチャクのような形をしている。
処女膜(しょじょまく)膣の入口にある膜。ヒダのような形をしており、小指1本分の穴があいている。
web writer aya izaki

ライター歴4年。表現力にまだまだ乏しさはありつつも、仕事を頂ける日々に有り難さを実感しています。何かを表現することが大好き。自分の作りあげたものが完成された時の喜びと達成感がたまりません。

性器のしくみ

この記事が参考になりましたら、いいねをお願いします。

最新情報をお届けします

コメントを残す

同じカテゴリーの記事5件