Gonna to learn the correct knowledge.

卵巣嚢腫について

女性の病気について
女性

「お腹がポッコリと出てきた」「触るとしこりを感じる」このような症状に、不安感を覚えている女性はいませんか?

もしそれが腫瘍であっても、決して悪性とは言い切れません。卵巣嚢腫という良性の腫瘍の可能性もあります。

卵巣嚢腫の症状

卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)とは、卵巣にできる良性の腫瘍です。

自覚症状はほとんどないといいますが、腫瘍が大きくなると握りこぶし大ほどにもなると下腹部が膨らみ、張ったような感覚があるでしょう。その部分を外側から触ると、しこりとして感じられることもあります。

腫瘍が大きくなり卵巣が膨らむと、周辺の組織を圧迫して、下腹部痛を起こしたり頻尿になったりします。

腫瘍の中身は、水・粘液・脂などの液体です。良性のものが多いと言いますが、中には悪性のものが隠れていたり、変化するものがあるので注意しましょう。

卵巣嚢腫の原因と治療

卵巣になぜ腫瘍が発生するか原因は解明されていません。

悪性の疑いがなく、また腫瘍が小さく自覚症状が見られない場合は、経過観察する場合があります。腫瘍がこぶし大以上だと外科手術で摘出する場合もあります。

どの病気にも言えることですが、卵巣嚢腫も早期発見・早期治療が最も大切です。お腹に違和感を感じたときには、早めに婦人科で受診しましょう。

web writer aya izaki

ライター歴4年。表現力にまだまだ乏しさはありつつも、仕事を頂ける日々に有り難さを実感しています。何かを表現することが大好き。自分の作りあげたものが完成された時の喜びと達成感がたまりません。

女性の病気について

この記事が参考になりましたら、いいねをお願いします。

最新情報をお届けします

コメントを残す