Gonna to learn the correct knowledge.

子宮ガンについて

女性の病気について
裸体の女性

女性特有の病気で怖いのが、子宮ガン。子宮頸ガンと子宮体がんとありますが、他の病気と同様に早期発見・早期治療が望ましいので、定期健診が重要となります。

女性特有の病気『子宮ガン』

子宮ガンは、子宮の入り口付近にできる『子宮頸ガン』と、子宮奥の体部粘膜にできる『子宮体ガン』との2つに分けられます。

初期における自覚症状で分かることは難しいので、定期的なガン検診が必要となります。子宮頚ガンと子宮体ガン、どちらも初期の段階で発見して治療をすれば、ほぼ完治します。

一定の年齢に達すれば、ガンの無料クーポンなども配布されますので、積極的にガン検診を受けることが最も大切です。

子宮頸ガンについて

子宮頸ガンは、子宮の入り口付近の子宮頸管にできるガン。30代~40代の女性に多く見られる病気ですが、最近では20代で発覚する人も増えているといいます。

子宮頚ガンの主な原因として、ヒトパピローマウイルスが挙げられます。このウイルスはセックスにより感染するものとして、子宮頚ガンと深い関係性が伺えます。

初期段階では自覚症状が見られません。症状が進むにつれて

  • 血の混ざったおりもの
  • セックスのあとの不正出血

このようなものが現われます。さらに症状が進むと

  • おりものが増える
  • 腹痛・下腹部痛
  • 血尿・血便が出る
  • 激しい下痢
  • 高熱

このような症状も目立つものになるでしょう。

子宮体ガンについて

子宮体ガンは、子宮奥にある体部粘膜に発生するガンです。閉経後にかかりやすい病気として、50代から発生率が高くなります。

また排卵異常やホルモン異常などがある人が子宮体ガンになる確率も高くなるといいます。このことから子宮体ガンの発生は、エストロゲン(卵胞ホルモン)と関わりがあるのではないかといわれています。

子宮体ガンの主な自覚症状は不正出血です。もしも閉経前なら《月経血が増える》《月経期間が長引く》《腰痛》などの症状がみられます。

web writer aya izaki

ライター歴4年。表現力にまだまだ乏しさはありつつも、仕事を頂ける日々に有り難さを実感しています。何かを表現することが大好き。自分の作りあげたものが完成された時の喜びと達成感がたまりません。

女性の病気について

この記事が参考になりましたら、いいねをお願いします。

最新情報をお届けします

コメントを残す