Gonna to learn the correct knowledge.

性器クラミジア感染症について

性感染症について
ベッドの上の女性

自覚症状が少ない性感染症の1つ『性器クラミジア感染症』もし感染して気づかぬままでいると、進行する危険性をはらんでいます。

ちょっとした体の違和感があれば、すぐに専門医に診てもらいましょう。

性器クラミジア感染症の特徴

  • 自覚症状がほとんどない
  • 下腹部痛やセックス時に膣に痛みが起こる
  • 不正出血がある場合も

性器クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチスという細菌が原因で発症します。性感染症の中でも感染率が高い病気ですが、自覚症状がないといいます。おりものの量が増えたり、軽い排尿痛などもありますが、気づきにくいといいます。

女性の場合、70%以上が自覚症状が出ないといわれています。

他の病気を引き起こす可能性も

性器クラミジア感染症は進行すると、子宮頚部・子宮・卵管・卵巣への経路から感染が広がっていき、子宮内膜症や子宮頚管炎・卵管炎など、さまざまな疾患を引き起こす可能性があります。

後遺症として不妊症や子宮外妊娠をする可能性もあるので注意が必要です。

また、フェラチオなどでも、細菌が喉に感染して咽頭炎を起こすことがあります。この菌が目に感染することにより、トラコーマという疾患にもなりえます。

また、性器クラミジア感染症にかかると、性器の粘膜がただれることにより、エイズに掛かりやすいともいわれています。

性器クラミジア感染症の治療

性器クラミジア感染症の潜伏期間は1~2週間です。治療をはじめたら、抗生物質を2週間ほど服用していきます。もしも他の疾患を発症していれば、さらに時間がかかるでしょう。

感染したままで出産すると赤ちゃんに感染させるケースも多いといいます。性器クラミジア感染症にかかっていたら、エイズウイルスに感染する確率もあがります。

ほおっておくと恐ろしい病気といえるでしょう。異変に気づいたら、早めに婦人科で診てもらってください。

web writer aya izaki

ライター歴4年。表現力にまだまだ乏しさはありつつも、仕事を頂ける日々に有り難さを実感しています。何かを表現することが大好き。自分の作りあげたものが完成された時の喜びと達成感がたまりません。

性感染症について

この記事が参考になりましたら、いいねをお願いします。

最新情報をお届けします

コメントを残す