Gonna to learn the correct knowledge.

月経周期に合わせておりものは変化する

おりものについて
サングラスの女性

「おりものが白い…病気かなぁ」なんて、心配する女性もいるのでは?普段は無色透明のおりものですが、月経周期により状態が変化するのです。

では、おりものが、いつどのように変化するのかを探っていきましょう。

おりものの役割とは

おりものは帯下(こしけ)と呼ばれ、子宮や膣から分泌される粘液状の分泌液です。

女性ホルモンの1つとしてエストロゲン(卵胞ホルモン)がありますが、この分泌がおりものに大きく係わっています。

おりものは膣内に潤いを持たせ、外部から雑菌の侵入を防いだりする役割を担います。また、おりものの症状で月経周期を大まかに予測できたり、子宮や膣の病気などが分かったりと、健康状態を図るバロメーターの1つにもなります。

aya
月経血よりはマシですが、量が多いときは不快に感じることもありますわな。
おりものが多いだよねと、旦那に言ったって解かりゃしない。「?」なんて顔されてしまいます。

月経周期に合わせて変化する

おりものは月経の周期によって変化します。症状を知ることにより「生理がそろそろくるかも」などと、自己管理しやすくなるでしょう。突然の生理に慌てることが少なくなるかもしれませんね。

月経後粘り気が少なく半透明色
少しずつ量が増えていく
排卵期前サラッとした透明色
さらに量は増えていく
排卵期糸を引くような透明色
時おり、ボツボツした固まりのおりもの(頸管栓)が出ることがある
排卵後粘り気のある白色または黄白色
量は減っていく
月経前粘り気が少ない白っぽく濁った色
月経直前になるにつれ、さらに量は減っていく

年代によって変化する量

年齢により女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌量は増減しますが、それに比例するかのように、おりものの量も変化します。

初潮-10代エストロゲンの分泌が不安定
初潮がはじまり、おりものの量は増えたり減ったりする
20代-30代エストロゲンの分泌がピークな時期
おりものの量は、もっとも多い
40代-閉経エストロゲンの分泌が減り始める
おりものの量は減っていく
閉経後エストロゲンの分泌がほぼ無くなる
おりものは、ほとんど出ない
web writer aya izaki

ライター歴4年。表現力にまだまだ乏しさはありつつも、仕事を頂ける日々に有り難さを実感しています。何かを表現することが大好き。自分の作りあげたものが完成された時の喜びと達成感がたまりません。

おりものについて

この記事が参考になりましたら、いいねをお願いします。

最新情報をお届けします

コメントを残す