Gonna to learn the correct knowledge.

バランスが大切 2つの女性ホルモン

ホルモンについて
2人の女性

女性の体を語るとき、必ず登場するのがエストロゲンとプロゲステロン。そう、2つで1つともいえる女性ホルモンです。

これらのホルモンがどのように働くのかを理解することが、健康で美しい体を継続する鍵となります。

エストロゲンとプロゲステロン

女性の体には、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という、女性特有の2つのホルモンがあります。

この女性ホルモンの分泌は8~9歳頃から始まります。そして成長とともに分泌量は増え、女性らしい体つきへと変化していきます。月経がはじまるのも、この女性ホルモンの影響によるものです。

エストロゲン
(卵胞ホルモン)
排卵時に分泌のピークを迎え、月経時に減少していく。
コレステロールの増殖を抑える・骨を丈夫にする。
子宮頸管粘液の分泌を増やし受精卵の着床を促す。
プロゲステロン
(黄体ホルモン)
排卵の少し前から分泌が増え、排卵して1週間がピーク。
受精卵が着床しやすいように子宮内膜を整えたり体温をあげたりと、妊娠しやすい環境作りをする。

これらの女性ホルモンは、卵巣から分泌されます。血液に乗り子宮へと運ばれ、女性にとって大きな役割を担うのです。エストロゲンとプロゲステロン、この2つの女性ホルモンは、バランスよく分泌される必要があります。もし過度のダイエットやストレス、または妊娠・出産しないことなどで、エストロゲン優位の状態になり続けると、さまざまな弊害が生じるのです。

女性ホルモンの分泌量は、年齢とともに低下していきますが、生活習慣の乱れや偏った食事など、自ら分泌を減らしてはいないでしょうか?女性ホルモンの分泌量は、一生のうちでティースプーン1杯程度だといわれています。そのような微々たる量で女性の体は大きく影響を受けるのです。

妊娠・出産と密な関係がありますが、女性ホルモンの分泌量が低下すると、自律神経が乱れてしまい、イライラしたり動悸・のぼせ・ほてりなど、更年期にも似た症状が現れることがあります。

分泌量を増やそうと試みても、エストロゲンだけど偏ったものにならぬよう気をつけてください。女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの両者がバランスよく分泌されることが最も大切です。

web writer aya izaki

ライター歴4年。表現力にまだまだ乏しさはありつつも、仕事を頂ける日々に有り難さを実感しています。何かを表現することが大好き。自分の作りあげたものが完成された時の喜びと達成感がたまりません。

ホルモンについて

この記事が参考になりましたら、いいねをお願いします。

最新情報をお届けします

コメントを残す

同じカテゴリーの記事5件