Gonna to learn the correct knowledge.

もしかして妊娠する?!不安な時のアフターピル

避妊について
不安な女性

「彼氏が付けないほうが気持ちがいいから、途中でコンドームを外してしまって…。」このような経験のある女性は、数多くいるのではないでしょうか?

相手の感情・その場の雰囲気を優先したあまりに、妊娠の可能性が強くなってしまった…など、不安感が強い時には緊急避妊薬を使いましょう。

避妊に失敗した時にはアフターピルを

コンドームは、正しく装着をすれば妊娠の心配をすることはありません。ですが、相手がコンドームを途中で取ってしまったり、間違えた装着のしかたで破けてしまったりと、時には避妊に失敗することもあります。

そのような時に、女性としては妊娠の可能性が生じるので不安になるかと思います。

もし妊娠の恐れがあるのなら、すぐに婦人科で受診をして緊急避妊薬を処方してください。これはアフターピル(モーニングアフターピル)と呼ばれ、性行為のあとに女性ホルモンが多い中用量ピルを服用して出血を起こして卵子を流すことにより、精子との受精を食い止める役割を担う錠剤です。

服用は性行為のあと72時間以内が原則

アフターピルは、性行為が終わったあと72時間以内に1回目を服用します。それから12時間後に2回目を服用することになります。

ですが、妊娠回避率は100%ではありません。性行為後すぐに服用すればその確率は上がり、およそ80%だといわれています。

服用は早いに越したことはありません。もしも妊娠の不安を取り除きたい場合は、なるべく早急に行動を起こしましょう。

通常の避妊薬としてはNG

アフターピルは、あくまでも緊急性が高いときに使う避妊薬です。低用量ピルとは違い、頭痛・腹痛・吐き気などの強い副作用がでる場合があるためです。また、卵巣機能のバランスが崩れることにより、不正出血がしばらく続くこともあるので、これらを踏まえた上で利用してください。

そしてアフターピルは、保険適用外の薬ですので、病院により価格に違いが生じます。薬の種類によっても違いはありますが、価格としては5000円~20000円と考えてください。

中にはアフターピルを処方したがらない病院もありますので、事前に電話等で問い合わせしてみることをお勧めします。

早急な医師の診察・服用・副作用の可能性、そして医療費と、避妊薬としては大きなリスクを背負います。繰り返しになりますが、アフターピルは緊急性の避妊薬として考えましょう。

web writer aya izaki

ライター歴4年。表現力にまだまだ乏しさはありつつも、仕事を頂ける日々に有り難さを実感しています。何かを表現することが大好き。自分の作りあげたものが完成された時の喜びと達成感がたまりません。

避妊について

この記事が参考になりましたら、いいねをお願いします。

最新情報をお届けします

コメントを残す