Gonna to learn the correct knowledge.

間違った避妊法は妊娠につながる

避妊について
コーラを飲む女性

「えっ…陽性?!コンドーム付けていたのにどうして…。」

しっかり避妊していたつもりでも、それが間違えた知識での元では意味がありません。望まない妊娠を防ぐためにも、正しい避妊方法と同時に、間違えている避妊方法も知ることが大切です。

コンドームは1回につき1つ

コンドームは正しく使えば避妊率は高いのですが、反対に間違えた使い方をすれば妊娠に繋がる可能性も大きいのです。

  • 1度使ったコンドームを使う
  • コンドームを重ねて使う
  • 消費期限切れのコンドームを使う

このような使い方は、精液が漏れたりコンドームが破れたりする確率が高いので大変危険です。意外に感じるかもしれませんが、コンドームにも消費期限があります。消費期限が切れてしまったものは強度が弱くなり破れやすくなるのです。

セックスのあと膣内を洗浄しても意味がない

性行為が終わった後に、洗浄したら大丈夫と、膣内に射精しているカップルはいませんか?これは無意味な行為であり、根拠のない迷信です。

精子が卵子に向かうスピードは速く、性行為が終わったあとに膣内洗浄をしたとしても、1部の精子は子宮内に入っていくのです。

膣外射精は妊娠率が高い

射精する瞬間に男性器を抜き射精をする行為『膣外射精』コンドームを装着していなくても、膣内で射精しなれば大丈夫と思っている人がいるかもしれません。ですが、これも大きな間違いです。

射精前には、カウパー視線液という透明な液状のものが出ますが、この中に精子が混ざることがあります。もちろんそれが微量でも関係ありません。

「外出ししたのに妊娠した…。」なんていう会話は、じつはよくある話。男性から大丈夫といわれても、妊娠を望まなければ拒否しましょう。

オギノ式避妊法は避妊にはならない

オギノ式避妊法とは、次の生理予定日の12~16日前の間に排卵があると想定して、その間だけ避妊をする。それ以外は避妊をしなくても大丈夫という考え方。

月経周期が完璧に定まっている女性なら問題はないかもしれません。ですが月経周期は、体調・精神的ストレス・環境の変化などの影響で、簡単にずれてしまいます。

一昔前なら、オギノ式は避妊方法として考えられてはいましたが、現代においては間違えた避妊法として認識されています。

俗説を信じてはいけません

正しい避妊方法はいくつかあるにも関わらず、間違えた避妊方法により望まぬ妊娠をする女性が数多くいます。

間違えた避妊の中でも、明らかにおかしいと言われる俗説もいくつかあるのでご紹介します。

  • セックスのあと、膣内をコーラで洗浄する
  • セックスのあと、膣内をシャワーで洗浄する
  • セックスのあと、うさぎ跳びをする
  • 生理中のセックス

男性の中には、((生のほうが気持ちがいい))という思いから、〇〇すれば大丈夫と相手を無理やり納得させようとする人もいます。そういった男性は論外。

相手を好きな感情があれば葛藤はあるかもしれませんが、もしも避妊をしてくれない場合はセックスはしない付き合いかたを考えたほうが良いでしょう。

web writer aya izaki

ライター歴4年。表現力にまだまだ乏しさはありつつも、仕事を頂ける日々に有り難さを実感しています。何かを表現することが大好き。自分の作りあげたものが完成された時の喜びと達成感がたまりません。

避妊について

この記事が参考になりましたら、いいねをお願いします。

最新情報をお届けします

コメントを残す